カラーコンタクトレンズ・カラコンについて

コンタクトレンズは今は視力を補うものの他に、ファッションの一環としてコンタクトレンズを使用する人も増えています。単に視力が悪いのでコンタクトを使用するという人もいますが、今は瞳の色を変えたり、黒目を大きく見せるためにコンタクトレンズ・カラコンを使用する人が増えているようにかんじます。私の友達もカラーコンタクトレンズを使って、瞳の色を茶色や灰色にしたり、瞳の輪郭を大きく見せるためにディファインをしている人もいます。友達はカラーコンタクトレンズをオシャレの一環として使っています。本人自体は視力が悪くなくてもこのように、オシャレの1つのアイテムとしてコンタクトレンズを使用する人がいます。瞳の色を変えたり、いつもより大きく見せることによっていつもと違ったオシャレを楽しむことができますし、カラーコンタクトレンズにも度が入っているものもあるので、オシャレと視力回復が同時に行うこともできるので便利だと思います。しかしコンタクトレンズを使用することは、基本的に目に負担がかかるので、視力の悪くない人がオシャレやファッションのために無理に長期間使うことは、視力の低下にもつながると思うので、自分の目を大事にする範囲で使用して欲しいと思います。カラコンは今は簡単に安価でネットで購入することができるようになりました。


しかしネットで安価で売っているものは、目に負担をかけるようなものが多いと思いますし、医療品とオシャレの間の道具になってしまうと思うので、きちんと病院で処方してもらったコンタクトよりも、医療の面で心配な面もあります。そのことを考慮したうえで、値段と安全性のバランスをとって自分の納得のいくコンタクトを購入して欲しいと思います。確かにカラコンはかわいいですし、若い人の間ではファッションの一環として流行っていますし、瞳の色を変えることができるのは魅力的です。しかしオシャレばかりに気をとられ、自分の瞳を傷つけることのないように使って欲しいと思います。その上で瞳のオシャレを楽しむことができたら、本人にとっても楽しいおしゃれができると思います。私もコンタクトを使っていますが、カラコンは使ったことがありません。瞳にかかる負担も普通のコンタクトよりも大きそうなので、使ってみたいですがいまだに使ったことがありません。


しかし今後カラコンを使って、ポジティブにオシャレを楽しむことができたらいいなとおもっています。