コンタクトレンズ・カラコンは私に自信を与えてくれる

今日はどんなカラーのアイシャドーを乗せようか、付けまつげはストレートタイプかクロスタイプのどちらにしようか、アイラインは長めに引いて切れ長の目を作るか、それとも短めに引いてまん丸の目を作ろうかと、何かとアイメイクに悩んでいるのは、決して面倒なことではありません。反対にこれを楽しんでもいるほどです。私は毎日のように自問自答して、その日の自分の気持ちに合ったアイメイクを楽しんでいます。私が今、このようにしてメイクを楽しむことができているのは、ずっとかけていたメガネから、コンタクトレンズ・カラコンに変えたことがきっかけでした。私は高校生のときまでずっとメガネを利用していました。それは、コンタクトレンズ・カラコンに変えると、その分お金がかかってしまい、両親に負担をかけることになってしまうと思ったからです。高校生のときは部活動をしていたため、アルバイトをして自分で稼いだ給料で購入するということもできず、ずっとメガネを利用していました。しかしメガネ姿でいると、アイメイクを楽しむことができないほか、それによって自分に自信を持つことができなくなってしまい、お洒落の1つも楽しむことができませんでした。


そんな私は、大学生になってアルバイトを始めたことをきっかけに、ずっとかけていたメガネから、コンタクトレンズ・カラコンに変えることにしたのです。自分の目と外界を遮っていたメガネのレンズがなくなると、外の世界が一気に明るく見えたような気がしました。メガネを外した自分が可愛いというわけではなく、自分を隠していた皮が剥がされたような気持ちになり、私は自分に自信を持つことができたのです。それからというもの、メガネに邪魔をされることのなくなった目を活かして、様々なメイクにチャレンジをしてきました。メガネのレンズが当たるせいでつけられなかった付けまつげをつけたときには、その目のボリュームが出たことに、とても嬉しかったです。


私は今、コンタクトレンズ・カラコンをつけているからこそ、自分に自信を持つことができているのであって、もしこれがなかったら、メイクを楽しむことはおろか、きっと自分から楽しもうという気持ちを持っていなかったと思います。人によっては、メガネをトレードマークとして愛用されている方もいらっしゃいますが、私の場合、メガネはそういった役割を果たしてくれるものではありませんでした。私に自信をくれたのは、コンタクトレンズ・カラコンでした。