築年数別茅場町の中古マンションの紹介

東京都中央区にある茅場町は、日比谷線と東西線の二つの路線が通っている駅になります。つまり、秋葉原駅にも銀座駅にも六本木駅にも行きやすい場所ということになります。ただし、それ以上に特徴的なのはこのエリアは東京駅からも十分に徒歩圏内ということになります。東京駅の八重洲側に位置しており、そこから徒歩10分程度で着くことが可能になっています。従って、東京駅周辺に通勤している人であれば徒歩でいくことが可能になっています。この周辺には、昔からの住宅も多く存在しています。従って築年数は古いものから新しいものまで幅広く存在しています。人によっては多くのお金がない方もいますので、築年数を古いものを買うことによって幅広い人がこのへんに住む可能性ができるということになります。

茅場町の中古マンションの相場について

このエリアの近くについ最近新築マンションが建てられました。その販売金額は坪400万円にいかない程度でしたので3LDKでも8000万円ぐらいの値段になります。金額だけ聞くととてもサラリーマンには手が出にくい金額になりますが、このエリアは東京駅から徒歩10分の場所になります。丸の内側に徒歩10分であれば確実に1億円以上の値段のものばかりになりますので、それを考えれば非常に安いといえるでしょう。また、築年数が古い物件も多くあり、このエリア全体の坪平均は270万円前後になります。築年数が古いものであれば坪200万円以下のものも多く存在しますので、多くのお金がない方はそのような物件を購入するのも一つの考え方といえるでしょう。また、このように築年数が古い物件にはメリットもあります。

築年数が古い中古マンションのメリット

築年数が古い中古マンションの最大のメリットは減価償却が終わっているかもしくはもうそろそろ終わるところにあるでしょう。従って、後はこのエリアの価値だけになります。そして、このエリアは今後多くの開発がされるエリアになりますので、値上がりの可能性も非常に高いといえるでしょう。東京駅の八重洲側は、今後大規模開発が予定されております。この茅場町は八重洲側のほうへ徒歩10分ですので、この八重洲エリアの開発の恩恵が一番あるエリアともいえるでしょう。その点から考えると減価償却が終了している建物であれば値上がりの可能性が非常に高いといえるでしょう。このように、このエリアは八重洲の開発によって今後も値上がりの可能性がありますので、自分の資産の状況によって築年数を選べばどのような人でも住むことが可能になります。